頭蓋骨小顔矯正・レインドロップアロマ・女性限定 ラルシュ

大阪 豊中市の小顔矯正で顔のゆがみ専門の頭蓋骨矯正口コミNo1の美容整体ならラルシュ|緑地公園駅|吹田 江坂

 080-1430-2387

テキスト

頭蓋骨小顔矯正・アロマトリートメントで女性カイロプラクターが行う女性の為の完全予約制サロンです。豊中市はもちろん、吹田 江坂 大阪 茨木 箕面  摂津からも多数お越しいただいています。

頭蓋骨 赤ちゃんの頭に へ、へこみが…

更新日:

 

こんにちは(*^^*)

このたび親戚に赤ちゃんが産まれたというので、会いに行ってきました。

か、か、かわユイ・・・♥♥

こどものかわいらしさとはまた違って、新生児のかわいらしさは格別ですね ラブリ~

 

手を握ったり開いたり、反射と言われていますがいろんな表情をしたりで、見ていて飽きません(^^)

こんなに小さいのに頭蓋骨から足の先まで骨があって筋肉があって・・と考えると不思議な感じがします。当たり前のことなんですが、スゴイっ!!

ところで、赤ちゃんの頭にへこみがあるのを発見して、びっくりした方もおられると思います。

ひょっとして病気なんじゃ・・・ と心配することはないですよ、どの赤ちゃんにも生じるものです(^^)

もともと頭蓋骨はいくつもの骨が組み合わさって構成されているのですが、赤ちゃんの場合はまだしっかり結合しておらず、成長に伴って徐々に隙間が埋まっていきます。

それは、お母さんの産道を通ってくる時に、それらの隙間を利用して頭の形を変えながら通過してきたり、どんどん大きくなる脳の成長を妨げないためなのです。

特に頭頂部にある大きなへこみを大泉門と呼び、おでこより少し上あたりにあります。

よく見ていると、ポコポコと動いていたりするので分かりやすいと思います。また、頭部の後ろ側には小泉門という小さめのへこみがあります。大泉門、小泉門、まさに字の通りですね(^o^)

小泉門は生後1か月程度であまり分からなくなってきますが、大泉門は生後1才半~2才頃に閉じてくるようです。もちろん個人差もありますが、定期健診などでお医者さまが確認していただいてると思いますよ。

隙間があるということは骨でガードされていないということ・・・

そうなんです、強い筋膜で覆われているとはいえ、その下は脳ですので、シャンプー時や撫でたりする程度は心配ないですが、必要以上に押したりあまり乱暴に扱うのは避けましょう。

最近よく「揺さぶり症候群」や「揺さぶられ症候群」などという言葉を耳にしますが、赤ちゃんの脳はプカプカと頭蓋骨の中に浮いている状態となっているので、揺さぶられることで、脳内出血など様々な弊害が起こるためと言われています。

お腹の中からのお付合いの後、ようやく逢えたかわいい赤ちゃん

これからいろんな体験をして、成長していく姿が楽しみですね~(^^♪

 

 

-サロンのブログ

Copyright© 頭蓋骨小顔矯正・レインドロップアロマ・女性限定 ラルシュ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.